カルガモ

カルガモ

何年位前だったろうか?

三井物産ビルのプラザ池から皇居のお堀へ引っ越すカルガモ親子の姿がメディアに取り上げられて一大ブームとなった。母親の後ろを子供たちが一列でヨチヨチ歩く姿がカワイイと。

でも、カルガモにとってこの引っ越しは命懸けらしい。

水辺から離れ草地の茂みなどで産卵する。カルガモの親は雛に餌を与える習性が無いらしいのだが、生まれた雛はすぐに歩きまわり自分で餌を食べる能力がある。そこで、餌のある水辺まで引っ越しをする。カルガモの雛たちはまだ飛べないので歩いて移動することになる。

産卵場所から水辺までの間には大抵道路がある。都心部となると交通量も多い。そこを歩いて渡るのだから見ている方はハラハラする。警察が出動してカルガモの引っ越しのために交通整理を行う場面がしばしばニュースで流れたりする。

カルガモの引っ越しのシーンは春から夏にかけて全国各地で見られると言う。

撮影機材:Nikon D3100 / TAMRON SP 150-600mm f5-6.3 Di VC USD (A011)
撮影地:大阪府枚方市 山田池公園

 

にほんブログ村 写真ブログへ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。