猫 山田池公園

さくらねこ

猫 山田池公園

猫の片耳の先が切れている。
最初に見た時は喧嘩で負ったものかと思った。
が、あまりにもきれいに切れすぎている・・・

調べてみると「さくらねこ TNR」と言って、どうぶつ基金が行っている事業のひとつであることが分かった。

飼い主のいない猫を
Trap(トラップ):捕獲して
Neuter(ニューター):不妊手術をして
Return(リターン):元の場所に戻す

不妊去勢することで繁殖を防止し「さくらねこ」としその代で命を全うさせる。
飼い主のいない猫にかかわる苦情や殺処分の減少に寄与する活動。

不妊去勢手術を行った目印として耳の先をV字にカットするのだそうだ。
V字カットされた耳の形が桜の花びらのようなので「さくらねこ」と呼ばれる。
誤って2度捕獲してしまわないための目印だ。

そう言えばここ数年、山田池公園で子猫の姿を見ていない。
やがて、山田池公園から猫の姿が無くなるのだろうか・・・

良い事なのかどうか自分にはわからない。
人間によって翻弄される猫たち。
肝心の猫たちの声は聞こえない。

撮影機材:Nikon D7500 / TAMRON SP 150-600mm f5-6.3 Di VC USD (A011)
撮影地:大阪府枚方市 山田池公園

 

にほんブログ村 写真ブログへ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。